シニアホーム太陽丘での暮らしをご紹介します。

Aさんのある1日

Aさんのある1日

お医者様が健康についての相談にも応じてくださったり、生活支援のサービスも充実しているので便利で安心。レクレーションなどで楽しい1日でした。

▲ページトップへ

Bさんのある1日

Bさんのある1日

スタッフの方々に感謝。私の生活に合わせたサービスやお気遣いがうれしいです。
家族の訪問時間に制限がないなど、他にはないくらいの自由度があります。楽しい家族との1日を過ごせました。

▲ページトップへ

お住まいの方の感想

Cさん(72歳 男性、要介護2)

脳梗塞でマヒがあり、孤独感がありました。
私はサラリーマンとして働き、結婚はしていませんでしたが、母と2人で平凡な暮らしをしていました。 ところが1年前に介護をしていた母を亡くし、直後に脳梗塞になり緊急入院、その後リハビリにの病気との奮闘の生活が続いていました。 そのかいあってか、左手と左足に少しのマヒはあるものの、杖歩行できるようになりました。 しかし、これまで暮らしていた家屋だと段差が大きく、また家も広すぎるため、 生活することの不便さや大変さ、孤独感が大きくなり、今後の人生の希望がもてなくなっていました。

半信半疑ながらもシニアホーム太陽丘に入居。
そのころ、通院をしていた病院のソーシャルワーカーさんからシニアホーム太陽丘を紹介され入居することになりました。 施設の充実、サービスの良さなどお話は多くいただいていたのですが、どういうところなのか、 自分がその環境に順応できるのか半信半疑であり、不安でいっぱいでした。入居してびっくり。スタッフのみなさんは優しく親切で、 明るい雰囲気なので笑顔が絶えません。そして健康、生活、 楽しみにかんすることは全て考慮されている施設なので安心して暮らせることができるようになりました。

若い頃からの趣味が最近の楽しみ。
最近の楽しみは、パソコンで最近開設した自身のブログを更新することです。また、冷蔵庫にはお気に入りのワインとビール、 つまみのチーズなどがあり、夕食後の楽しみとなっています。
便利だなぁと感じるのは、毎食の食事以外もインターネットでスーパーの宅配サービスを利用したり、 毎月すしの出前を頼んだり、雑誌を管理人さんに依頼したりとか不自由は全く感じていません。

今後の目標は、楽しく健康維持
今後の目標は、運動不足による体重の増加をかかりつけ医から言われているため、 シニアホーム太陽丘から近いフィットネスの会員になり、2kg体重を落とし、健康維持を目標に暮らしています。 最近は体調も大変よく、元気で太陽丘内の公園などご近所を散歩し、四季の自然を体で感じながら楽しく生活しています。 これからもここでがんばっていきたいと思っています。

▲ページトップへ

Dさん(81歳 女性、要介護2)

一人暮らしに、人生の不安を感じました。
私は英語の教師して働き、夫とともに1男1女を育てました。 『教育に情熱』を心情でやってきましたから、私を慕ってくれる元生徒は多く、 子どもたちが独立して一人暮らしになった後でも様子を見に来る人が絶えませんでした。
寂しさを感じることはなかった私ですが、ある日階段を踏み外して足をくじいてしまいました。 その日から少しずつ気弱になり、残りの人生に不安をもってしまった私は、長男宅の近くにあり、医療やサービス、 施設の充実をうわさで耳にした事がある「シニアホーム太陽丘」の生活をイメージしました。

食事に関しても自由度は高いです。
早速思い切って家財一式をもって入居しました。食生活は、自分で作る時もあれば、 家族が私の好きなものを持ってくることもありますし、 事前に言えば委託業者に作ってもらうこともできるために困ることは全くありません。 食事に関しての自由度は非常に高いと感じています。

趣味や家族とのコミュニケーションで充実。
最近の楽しみといえば、午前中は以前暮らしていた近所の方や元生徒に手紙を書きながら好きなクラッシック音楽を聴き、 紅茶を飲んで過ごしています。長男に運転をお願いして、 今度同じ階に住む住人とオーケストラアンサンブル金沢のコンサートに行く事を約束しています。
また、高校生の孫娘が月に1回泊まりに来て近頃の高校事情を話してくれるので、元教育者としての考えを熱く語る時もあります。 ちょっと口うるさくなりがちですが(笑)。

もっとお友達が増えることを願っています。
家族と同居していなくても近くにいる安心と、同居していない気楽さが「シニアホーム太陽丘」であると思っています。 もっとここの良さが評判になって住人が増え、お友達が多くなることを楽しみに願っております。

▲ページトップへ

入居者募集